HOME>特集>新たな資金調達法として、注目を集めています

融資が実行されるまでの、スピードが速い

ベンチャー企業やエンジェルの間で、最も注目を集めている資金調達法といえば、創業融資に他なりません。そもそも創業融資とは、起業した際に事業資金を調達出来ない他からお金を借りた上で、開業までこぎ付ける事を指します。無担保、無保証人での利用が可能です。創業融資には、4つのメリットがあります。まず何より、融資を申し込んでから実行されるまでの期間が、非常に短いという点です。スピーディーに対応して貰える為、事業をスムーズに展開させる事が出来ます。

融資を積極的に、行っている

次に積極的なスタンスで、融資を行っているという点です。国は総力を挙げて新規産業の創出、育成に取り組んでいます。一般的な金融機関は、ベンチャー等への融資に対しては消極的です。創業融資を行う場合、企業の成長性に注目しています。融資を受けるハードルは、極めて低くなったと言えるでしょう。

自己資金が足りなくても、融資が受けられる

一般的な融資の大半においては、約半分程度の自己資金割合が求めています。ところが創業融資の場合、十分の一程度の自己資金割合で融資を受けられるケースが殆どです。自己資金が少なくても、纏まった資金が手に入る可能性があります。

無担保且つ無保証で、融資が受けられます

無担保且つ無保証で、融資を受けられる可能性があります。創業融資を受ける代わりに、担保を設定する必要はありません。創業者本人が連帯保証人として、サインする不要もない為売上の拡大、財務基盤の確立に専念する事が出来ます。